トップページよくある質問> よくある質問06

よくある質問

06.png

A 柱と柱の間に断熱材を入れるのが、内断熱工法。
 それに対して柱の外側に断熱材を用いるのが、外断熱工法です。断熱材を入れる箇所が違います。
 内断熱工法に比べ、断熱欠損が少ない事が利点です。施工が簡易で職人による性能バラツキは全くありません。