トップページ> ZEHの取り組みについて

 2014年4月閣議決定されました『エネルギー基本計画』における、「住宅については2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均で住宅の年間の一次エネルギー消費量が正味(ネット)でゼロとなる住宅(以下、「ZEH」という)の実現を目指す」とする我が国の政策目標とこの事業の趣旨及び「ZEHロードマップ」に基づき、弊社(有)ケーズプランニングでは本年2016年よりZEH(Nearly ZEHを含む)の普及に取り組み、2020年までに弊社が受注する住宅の50%以上をZEHにするという事業目標を掲げ、この実現に努めて参ります。



●平成28年度 ZEH受託率合計=8%(注文住宅=8%、既築=0%)


 弊社では平成28年度以降の受注物件のZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)普及率(Nearly ZEH含む)目標を下記の様に設定し実現すべく、スタッフ一同邁進いたします。

●平成29年度 ZEH受託率合計=25%(注文住宅=15%、既築=10%)
●平成30年度 ZEH受託率合計=30%(注文住宅=20%、既築=10%)
●平成31年度 ZEH受託率合計=45%(注文住宅=30%、既築=15%)
●平成32年度 ZEH受託率合計=55%(注文住宅=40%、既築=15%)


 積極的に内覧会等を開催し、説明資料等を活用して住宅市場にZEHの趣旨の周知活動を行います。
 また、効果的にUA値を下げられる材料の研究や合理的な工法を検討し積極的に採用することにより、継続的にコストダウンを目指して参ります。