BLOG

スタッフブログ

K's PLANNING Staff

二十四節季の雨水

本日2月19日土曜日は

二十四節季の「雨水」です

陽気が良くなり、雪や氷が溶けて水になり、雪が雨に変わる

そんな時期ですが週間予報を見てみると

まだまだ雪マークがちらほら・・・⛄

でも雨マークもちらほら・・・

もっと晴れマークが欲しい・・・

太陽光発電システムを設置されてるお宅では

特にマークが多くなると嬉しいのではないかと思います

 

春が近づいてくると部屋の模様替えをしたくなりませんか?

春色のカーテンに替えるだけでもテンションが上がるかもしれませんね

でも「春色」ってどんな色なんでしょう?

そもそも読み方は?

私は、普通に「はるいろ」

と読んでいましたが辞書では

「しゅんしょく」との読み方で

「春の景色。春の気配。」

だそうですが最近は、私と同じく

「はるいろ」の読みで

「春らしい色。桜色若草色など春を連想させる色。」

という意味も載っているそうです

色としては特定の色ではなく

「明るい色」

という事なのでしょう

皆さんにとっての「春色」は何色ですか?

 

以前、弊社で新築なされたお客様のリビングです

皆さんは、どんな色のカーテンが良いと思われますか?

 

 

 

 

2022.02.19

立春

 

本日2月4日

二十四節季の1番目

暦の上では春の始まり

「立春」です

春の始まりと聞くと

気分がちょっとふわふわしそうですが

実際は、今日も寒いし春はまだまだのようです

 

春に気持ちがウキウキする人が多かったのは

今では昔々・・・・

というほど昔ではないかと思いますが

「花粉症」になる人が多い世の中

春になると辛い思いをするから気が滅入る

という人も多いのではないでしょうか

ただ最近では症状が和らぐ

良いお薬も、出てきてるようですね

でも、完治するのはなかなか難しいとも聞きます

早く、もっと楽になるお薬

できれば完治するお薬が

開発されと良いですね

 

花粉症の人が家族に居ると

洗濯物を外に干すと花粉が付着するから

部屋干しされるご家庭も多いのでは?

花粉の心配だけじゃなく

共働きのご家庭も部屋干しが多いかと思います

部屋干し用のグッズなどもいろいろあるようです

でも、理想を言えば「ドライルーム」が欲しいところです

「浴室乾燥機」を取り付けるお客様もいらっしゃいますが

そちらもメリットデメリットがありますので

よく検討されるとよろしいと思います

弊社では、お客様のご要望を聞きより良い形を

一緒に考えご提案させていただいております

下の写真左側は 見えにくいかも知れませんが天井にある

長方形の部分をおろして洗濯物を干せるようにしました

右側の写真審は吹抜けの一部にドライルームを造りました

   

2022.02.04

大寒

 

本日 1月20日木曜日

二十四節季の「大寒」です

一年で最も「寒い日」

皆さんの住む地方は、いかがでしたか?

ここ(正確に言うと我が家の周辺)は、今朝は「超」が付くほど

寒かったけど日中は、それ程じゃなかったかな?

道路の雪は、山沿いやわき道 日陰の一部は

まだまだ消えそうにありませんけどね

それに夕方からまた降りだしたし

予報だと夜中まで降るそうです

こんな寒い時期に家が「あったかい」のは

ありがたいと思います

我が家も「断熱材」をちゃんと使ってるから

「あったかい」ですよ

欲を言えば「遮熱材」を使いたかったけど

我が家を建てた頃にはまだ使われてなかったんですよね

 

下の写真は、以前新築で建てられたお宅で

「遮熱材」を屋根面に張っているところです

「遮熱材」お薦めです

 

 

2022.01.20

ごちそうさまでした

本日、只今新築の打合せ中のお客様より頂きました

パウンドケーキとクッキーです

なんとお客様の手作りなんですよ

美味しそうでしょ?

(夕方に写真撮ったので伝わりにくかったらごめんなさい)

はい 大変美味しく頂きました

ご主人が絶賛なさっていたのがうなずけました

 

以前ご主人様が奥様の作るケーキがすごく美味しいとおっしゃってまして

私 一度は食べてみたいなぁと思っておりました

でもまさかおねだりもできないので諦めていたのですが

先日 社長からお土産に持ってこられるとの事を聞き

ワクワク楽しみにしておりました

現場の皆ごめんなさいね

一足先に頂いちゃいました

事務所に居る社員皆「美味しい」

と言って食べていました

ほんとうに

「ご馳走様でした」

・・・・・・・・・・・・

ここだけの話ですが

社員皆に同じ数だけ配ったのですが

ちょっと余ったんですよ

それが誰のお腹におさまるのかは

神のみぞ知るかな?

って これ読んだら皆にばれちゃいますね

いえいえ 私のお腹じゃありませんよ

多分ですけど・・・・

2022.01.08

二十四節季

    

 

明けましておめでとうございます

昨年中は大変お世話になりありがとうございました

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます

弊社は 本日「仕事始め」です。

出社して先ずは雪かきでした。

我が家の辺りはそれほど積もってなかったのですが

通勤の途中から道路脇の雪が多くなり

会社に着いたら

駐車スペース

しっかり積もってました。

 

昨日1月5日は 二十四節季の「小寒(しょうかん)」

(寒の入りで寒気がましてくる)

でしたね。そして間もなく

1月20日は「大寒(だいかん)」

(冷気が極まって、最も寒さがつのる)

2月4日の「立春(りっしゅん)」

(寒さも峠もを超え、春の気配が感じられる)

まではなかなか長いですね。

でも「立春」の頃ってまだまだ寒くて

とても春なんて感じられませんよね?

どこ地方を基準に考えられたのかと

ちょっと気になって調べてみたら

「二十四節季」って日本じゃなく

紀元前の中国(黄河流域)で生まれた指標だったんですねぇ。

当時の中国と今の日本の平均気温を比較すると

暑さも寒さもピークが中国の方が1ヶ月から2ヶ月位早いみたいです。

だからニュースなどで「今日は二十四節季の〇〇です。」なんて聞いても

なんだかピンとこなかったんですね。

同じ二十四節季の中の「春分」「秋分」

「暑さ寒さも彼岸まで」

こちらは さすがに日本の慣用句だけあってピンとくる方が多いのではないでしょうか?

 

この寒さはいつまでつづくのでしょう?

春が待ち遠しいです。

でもウインタースポーツを楽しまれる方にとっては嬉しい寒さなんでしょうね。

 

これから家を建てたいリフォームをしたい

と思っている皆様

家の暑さ・寒さ対策に断熱材を

と考えられると思います。

弊社では お客様のご予算に合わせ

最善の対策をご提案させていただいております。

それと「高断熱」に加えて「遮熱」もお薦めです。

すごく簡単に説明すると

「断熱」は室内の涼しさや暖かさを貯める

「遮熱」は室外の暑さや寒さを跳ね返す

という考え方です。

 

「良いが家がほしい」とお考えの皆様へ

いつでもご相談ください。

2022.01.06

大掃除

 

 

皆さんの御宅でも今朝は まず雪かき

だったんじゃないでしょうか?

道路は 昨日も今日も渋滞してました。

子供の頃は 楽しめた雪が今は

お願いだから積もらないで

できれば降らないで

と思ってしまいます。

 

さて 皆さんは 大掃除の進み具合は

いかがでしょうか?

もう終わってのんびりされてる方もいらっしゃるでしょうか??

まだ休みに入ってないからこれからです。

と いう方も多いでしょうか?

かく言う私もまだです。

大掃除の順番は 決めていますか?

ちょっと検索してみたらいろいろあって

どれが正しいのかわかりませんでした。

まぁ 基本「上から下へ」なら大丈夫なのかな?

あともうひとつの基本「不要な物は捨てる」ですね。

 

それと大掃除の事を検索してる時にみつけたんですが

ステンレスのシンクの汚れ落としに

「オリーブオイル」が良いみたいです。

水気を切った後にスポンジとかにオリーブオイルをつけて

シンクに円を描くようにクルクル

その後食器用洗剤で洗って乾いた布で拭くと

ピカピカになるそうです。

そのシンクですが

ステンレス製・人工大理石製・ホーロー製

いろいろありますね。

皆さんは どれがお好みでしょうか?

ベースユニットにも木製やステンレス製などありますね。

既成のシステムキッチンも各社いろいろ思考を凝らして

なかなか素晴らしいと思いますが

オーダーキッチンだとそれこそ自分の好みに仕上がるので

それも素敵だと思います。

と言いながら我が家は 既成のシステムキッチンなのですが

私は ちょっと背が高いので少し高くしてもらいました。

前に使っていた物は 私の姑に合わせていたので

腰が痛くなったりしましたが今のは 私に合わせてもらったので快適です。

下の写真は以前弊社で新築で御建てになったお客様のオーダーキッチンです。

後ろの収納スペースなども全て造らさせていただきました。

ご家庭によって食器や調理家電は様々です。

オーダーだと自分の物に合わせられるのでそこも利点の一つだと思います。

家の中にもいろいろな空間がありますがキッチンもとても大切な空間です。

家を建てる時 リフォームなどをする時にじっくり考えたい空間ですね。

 

さて今年も残りわずかになってまいりました。

これから大掃除の方々(私を含む)

ファイトです。

 

まだ今年が数日残っておりますが

皆さん今年を振り返ってどんな一年でしたでしょうか?

とても良い一年であってほしいです。

そして来年は もっともっと素敵な年になってほしいと

心よりお祈り致します。

 

ありがとうございました。

良いお年を・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2021.12.28

Merry Christmas

     

 

I wish you a merry Christmas.

 

皆さん昨夜は どんなクリスマスイヴを 過ごされましたか?

昨日は金曜日だったから今夜 ワイワイ楽しくパーティー

そんな方が多いのではないでしょうか?

 

残念ながら私の子供の頃に我が家にサンタクロースは来てくれませんでした。

そして我が家にサンタさんが来ないのはサンタさんが通れる煙突がないからだ

と思って立派な煙突がある暖炉に憧れました。

今も暖炉のある家にちょっと憧れがあります。

でもメンテナンスを考えるとめんどくさがりの私では無理ですね。

ただ 今は暖炉型ヒーターなどもあるので雰囲気を楽しみたい場合には良いですね。

ちなみにですが 私の嫁ぎ先つまり今の我が家ですが 随分前まで薪ストーブがありました。

暖かいし料理に使えたりで便利な反面メンテナンスはちょっと大変でなにより薪の確保が大変でした。

そうだ 

立派な暖炉の立派な太い煙突は 薪ストーブの我が家にはなかったけれど

私の子供達には 小さい頃にサンタさんが来てくれていたので

煙突の太さは 関係なかったようですね。

しいて言えば煙突があるとか無いとかも関係ないようですね。

そう言えばなのですが

私の実家には憧れの暖炉は 全く似合わない家でありました。

 

一言で「家」と言ってもいろいろな家がありますね。

洋風・和風・近代和風・・・・etc  ・・・

リフォームやリノベーションをして全然雰囲気が変わったりもします。

弊社でもいろいろな家と出会わせていただきお付き合いさせていただいております。

今までいろんな家と出会えた事をそれぞれの施主様ご家族様に感謝申し上げます。

これからもなにかございましたらご遠慮なくご連絡ください。

そしてこれから新しい出会いがあることを願っております。

 

 

 

 

 

 

 

2021.12.25

年末年始休業期間のお知らせ

クリスマスのイルミネーションが華やかに街を彩る季節となりました。

今年も残すところわずかになりましたが皆様いかがお過ごしでしょうか?

さて、弊社におきましては年末年始休業期間を下記の通りとさせて頂きます。

何卒、御了承のほど宜しくお願い申し上げます。

 

休業期間:令和3年12月29日(水)~令和4年1月5日(水)

令和4年1月6日(木)より通常営業いたします。

 

年末に向けご多忙のことと存じますが、どうかご自愛専一になさってください。

2021.12.08

師走

 

 

「師走」と聞くとなんだか慌ただしく感じる人も多いのではないでしょうか?

語源は諸説あるそうですが普段は落ち着いて行動するお坊さんや先生などの

「師」と呼ばれる人物が、忙しくて走り回る時期だからという説が一番有名な

説なようですね。

 

「師走」と言えば年末の大掃除

随分前から「断捨離」や「ミニマリスト」などいう言葉をよく耳にするように

なりましたね、憧れのようはものはあるものの私にはなかなか難しいです。

新しく家を建てるとかリフォームやリノベーションする場合は、収納の事を

考えるのは とても大事なことですね。

「見せる収納」「隠す収納」どちらも一長一短あると思うので、結局

「お好みで」になりますね。

以前 ネットの「お悩み相談」で、家の新築を考えてる方が

「夫は吹抜けの壁一面を本棚にしたいけど妻は反対している」

皆さんは どちらが良いと思いますか?

答えとして

地震で物が落ちたら危ないから反対

上の方は特に掃除が大変だから反対

という意見が多かったようです。

確かにおっしゃる通り

と私も思いますが

どちらも いろいろ考えればクリアできない事はないかも知れませんね。

「十人十色」好みも考えも色々あるので

この話はここまで・・・

 

下の写真は以前弊社で新築されたお客様の

リビングダイニングキッチンです。

こちらのお宅では、引戸に「中空ポリカーボネイト」を

使用することによって圧迫感をなくしながらも

隠す収納にしてみました。

 

弊社では お客様お一人お一人の好みや考えを聞いて

お客様のお気持ちに副ったプランを考えさせて頂いております。

家族であっても「十人十色」考えが全く逆なんてこともありますよね?

そんな場合は 一緒に悩み 解決に向けて努力させて頂きます。

 

 

 

2021.12.02

2021年中に住宅ローンを利用し新築された方へ・・・来年確定申告を!

2021年中に住宅ローン等を利用してマイホームを新築・取得した方(個人事業者・給与所得者)は確定申告が必要です。

住宅ローン控除の確定申告には一定の要件を全て満たさないといけません。(正式名称「住宅借入金等特別控除」)

その要件とは・・・

①新築・取得の日から6か月以内に居住の用に供し、適用を受ける各年の12月31日まで引き続き住んでいること。

②この特別控除を受ける年分の合計所得金額が3,000万円以下であること。(特別特例拡大あり・・・床面積40㎡以上で合計所得金額が1000万円以下も適用)

③住宅の床面積が50㎡以上あり、床面積の半分以上が自己の居住の用に供していること。

④借入金は10年以上の返済償還であること。

⑤居住の用に供した年とその前後の2年ずつの5年間に、居住用財産を譲渡した場合の長期譲渡所得の課税を受けていないこと。

全て満たしている対象者は、住宅ローン年末残高証明書の1%の控除が受けられます。(10年間 最大40万円)・・・原則

なお、消費税10%が適応された注文住宅を2021年9月30日までに契約し2022年12月31日まで入居した方は13年間控除されます。(税制改正による延長措置)

 

住宅ローン減税(控除)は、個人事業者は翌年の2月15日~3月15日の確定申告時に申請しますが、

給与所得者は、既に年末調整を終えているので還付申告となり翌年の1月初めから申告できます。(個人事業者より早めに申告可能)

申告書を作成する場合、国税庁のサイトで【令和3年分確定申告特集】がありますのでこちらをご利用することをお勧めします。

事前に必要書類をご用意し、金額を入力すると自動計算されますので誰でも簡単に作成できます。

次に必要な書類です。

〇確定申告書A、もしくはB(給与所得者はA、個人授業者はB)・・・管轄税務署又は国税庁サイトより入手

〇令和3年分住宅借入金等特別控除チェック表・・・国税庁サイトより入手

〇金融機関等からの借入金年末残高証明書・・・金融機関等より入手

〇住宅借入金等特別控除額の計算証明書・・・税務署または国税庁サイトより入手

〇建物・土地の登記事項証明書(原本)・・・法務局より入手

〇建物・土地の不動産売買契約書(請負契約書)の写し・・・不動産会社・建築会社より入手

〇源泉徴収票

〇マイナンバーカード・・・本人

〇本人名義の口座番号及び印鑑・・・本人

などが必要です。ご夫婦共同名義の場合は、各々確定申告が必要になります。

作成した確定申告書は、税務署に持参するか直接郵送でも提出できます。

郵送する場合は、個人情報が入ってありますのでレターパック(370円)で郵送すると良いでしょう。

給与所得者は最初の年だけご自身で申告してください。次の年からは勤務先の年末調整で控除が受けられます。

確定申告をすると税務署から各年毎の控除できる書類が一式になってご自宅に届きますのでその年分の書類と

毎年金融機関から届く住宅ローン年末残高証明書を勤務先へ提出して年末調整をします。

 

つまり住宅ローン控除は・・・1年目は自分で確定申告 翌年からは勤務先の年末調整でする事になります。

(提出時期としては、年末に生命保険控除や医療費控除、地震保険控除の書類と同時期に一緒に勤務先へ提出)

余談です・・・

よく勘違いされる方がおりますが、

例えば借入金年末残高3,000万円とすると、その1%の30万円が還付されると思っている方が多いようですが、

それは間違いです。30万円は控除される金額であって、還付される金額ではありません。

(自身が支払っている税金額以上は還付されません)

また、所得税から控除できない分は住民税からも控除されます。(最大で136,500円まで)

 

2021.11.11

2 / 1012345...10...最後 »